レナリアはあなたのパートナーとなりともにバイオガス事業の成功を目指すコンサルティング会社です

利用できるもの

バイオガスプラントは有機性廃棄物と呼ばれるものを広く原料として利用することができます。例としては、「家畜の糞尿」「食品工場等から排出される食品残渣」「家庭から排出される生ごみ」「下水処理場から排出される汚泥」「農業残渣」「農作物」等です。性状等によっても大きく変わるので、あくまでイメージとなりますが、原料の種類ごとのバイオガス発生量は以下の図のようになります。

biogas_gen

利用できないものや注意が必要なもの

骨や卵の殻、貝殻など

バイオガスの元となる有機物が含まれていませんので、原料とはなりません。生ゴミを原料とする場合に含まれてしまう場合がありますが、取り除くことが望ましいものです。

キノコの菌床

菌床はガスの発生を阻害する例が報告されています。廃棄物として量は多いのですが、バイオガスプラントの原料とはなりません。

敷料としてオガコや砂が使われている場合の家畜糞尿

オガコや砂はバイオガスプラントの原料とはならず、特に砂はプラントを傷つけてしまいます。

敷料として藁が使われている場合の家畜糞尿

藁は配管等のツマリの原因となりがちです。藁を敷料に使っていると糞尿を原料にできないというわけではありませんが、敷料とする前に短く切っておく事が望まれます。

鶏糞

バイオガス発生量は多いのですが、窒素成分が多いという問題があります。発酵時にアンモニアが発生し、メタン発酵が阻害されてしまいます。他の原料と混ぜて利用することは可能ですが、鶏糞単独で原料とすることは非常に難しいです。
ただし、水分が少ないため、バイオガスプラントではなく、燃焼の燃料としてそのまま使うことができる場合があります。

PAGETOP
Copyright © 株式会社レナリア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.