レナリアはあなたのパートナーとなりともにバイオガス事業の成功を目指すコンサルティング会社です

バイオガス事業の先行事例

国内の状況

固定価格買取制度が始まってから、新たに導入が検討され、設備認定を受けたバイオガスプラントの件数は平成27年2月末時点で93件、発電容量の合計は30,016kWとなっています。
太陽光発電に比べるとまだまだ数は少ないですが、確実に増えてきています。
【出典】固定価格買取制度 情報公表用ウェブサイト

410_biogas_trans

固定価格買取制度を利用していないプラントも含めると、日本全体では600件程度のバイオガスプラントがあると言われています。その半分程度が下水処理設備に導入されているもので、その多くは固定価格買取制度が始まる以前よりバイオガス事業を行っていた施設です。(こうした既に建設されていたバイオガスプラントで設備認定を受けて固定価格買取制度を利用し始めた例もあります。)

PAGETOP
Copyright © 株式会社レナリア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.